No 1 info

He drew wall art in all 164 rooms of “HYATT CENTRIC GINZA, TOKYO" by a JAPANESE GRAFFITI series. It started on January 22, 2018. Interior design in the whole hotel including a cabin is "STRICKLAND" who leads Mr. Yohei Akao who is dealing with creative hotel facilities and is playing an active part.

2018年1月22日に開業した「ハイアット セントリック 銀座 東京」の全164部屋とエレベーター2基の壁面アートをジャパニーズグラフィティシリーズで描きました。客室を含むホテル全体のインテリアデザインは、クリエィティブなホテル施設等を手がけ活躍中の赤尾洋平氏率いる「ストリックランド」です。


No 2 HYATT CENTRIC

「街の中心」、「情報の中心」という2つの意味が込められた「ハイアット セントリック」はハイアットのライフスタイル ホテルブランドとして2015年1月に北米で誕生し、ブランドの基本理念は“常にゲストの旅の中⼼であること”。旅慣れたゲストが、ホテルを拠点に、思いのままに街を探検するための最新情報や、その街を粋に楽しむための情報を豊富に取り揃え、常にゲストの好奇心を刺激する街体験へと誘います。

2018 MEDIA title by Rotary press twister / 輪転機ツイスター

2018 Landscape title by Alley Adventure / 裏路地アドベンチャー

2018 Fashion title by Shopping Parade / 買物パレード

2018 Entertainment title by Merry-go-around Ginza / メリーゴーランド銀座


2018 Namiki SUITE title by Ginza Mandala / 銀座曼陀羅


No 3 consept

3-12階のゲストルームは、銀座の4つのモチーフを各2色で展開。客室の襖絵として転写。
12階のナミキスイートは、銀座の4つのモチーフを1枚に紡いだ曼荼羅を襖絵として転写。
エレベーター3号機と4号機は、2020年東京オリンピック目前で賑わう銀座の街を写し取った鳥瞰絵図を転写。

2018 Elevator 3 title by Ginza 6-1 / 銀座6-1丁目

2018 Elevator 4 title by Ginza 8-6 / 銀座8−6丁目


No 4 REPORT PHOTO

2017年夏、銀座の路地を隅々まで歩いた。
Google Earthで屋上を確認しながら少しずつ、
大きな建物に隠れてしまった以外のすべての建物を描写。
オリンピック前の変わりゆく銀座を焼き付けたかった。

Covering the Ginza in 2017

No5 Annotation

“註釈”

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせすん


色は匂へど 散りぬるを
我が世誰そ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

平安時代末期に流行した、七五を四回繰り返す「今様」という形式で、全ての仮名47字を一回ずつ使うという制約のもとでつくられている。『涅槃経(ねはんきょう)』の 「諸行無常 是正滅法 生滅滅己 寂滅為楽」を表すと言われている。

色は匂へど 散りぬるを
香りよく色美しく咲き誇っている花も、やがては散ってしまう。
諸行無常(しょぎょうむじょう)

我が世誰そ 常ならむ
この世に生きる私たちとて、いつまでも生き続けられるものではない。
是生滅法(ぜしょうめっぽう)

有為の奥山 今日越えて
この無常の、有為転変の迷いの奥山を今乗り越えて
生滅滅己(しょうめつめつい)

浅き夢見じ 酔ひもせず
悟りの世界に至れば、もはや儚い夢を見ることなく、現象の仮相の世界に酔いしれることもない安らかな心境である。
寂滅為楽(じゃくめついらく)


No 6 staff room

2018年9月28日「ハイアット セントリック 銀座 東京」で総支配人の内山さんとスタッフの皆さんと会食。呑みすぎて帰れなくなり一泊させていただきました。お礼とお宿代がわりにスタッフルームに一筆の図。

20180928 staff rooms of “HYATT CENTRIC GINZA, TOKYO" title by THANKS! / ありがと!

No 7 1st anniv.

2019年1月17-27日の10日間、「ハイアット セントリック 銀座 東京」に宿泊して、1階の駐車場からホールに抜ける通路壁面に1周年記念作品「暖かな風」を制作しました。また、バー「NAMIKI667」に招き猫の「吾輩は猫である。酒場に座っておる。」を設置。そして1周年パーティーのバックボード、記念グッズのデザインも担当しました。

2019 1ST ANNIV. WALLART AT HALLWAY title by warm wind / 暖かな風 photo by MAIKO MITSUHASHI

2019 1ST ANNIV. PRODUCT AT BAR NAMIKI667 title by Luckycat / 吾輩は猫である。酒場に座っておる。

2019 1ST ANNIV. backboard AT party design by natsuhide

2019 1ST ANNIV. goods design by Nobumasa Takahashi

No 8 Credit

Client: ORIX Real Estate Corporation / ILYA / imo.p
Location: Hyatt Hotels and Resorts
Producer/Art director: STRICKLAND
Art: Nobumasa Takahashi
Design: Nobumasa Takahashi / natsuhide
Photo: Nobumasa Takahashi / MAIKO MITSUHASHI (HCGT)