No 1 info

I participated in held exhibition "KOTOGEI 2022" at TOYTOYTOY in busshozan in summer of 2022. This exhibition is the 2nd version of exhibition "KOTOGEI" of summer of 2019(3rd time including exhibition "KOTODEN" of summer of 2017). KOTODEN 111th anniversary + KOTO-CHAN 20th anniversary in 2022. KOTO-CHAN is a character of KOTODEN. I made a maze poster of KOTO-CHAN.

2022年夏、仏生山のTOYTOYTOYで開催された「こと芸2022」に参加しました。「こと芸」は、3年に1度行われる「瀬戸内国際芸術祭」通称「瀬戸芸」の開催期間にぶつけて、現役で国内最古のレトロ電車を走らせる香川県の鉄道「ことでん」をモチーフに、色々な分野の作家たちが繰り広げる、雑貨屋「TOYTOYTOY」の高柳敦史がキュレーションするニッチな企画展です。今回2回目(ことでん展を入れると3回目)。ことちゃんのキャラクターデザインを担当する「りさこ」さんが「ことちゃんの皮」などを出品するなど前衛的な展示がひそやかに繰り広げられています。その中でも私こと高橋信雅は、出品者のなかではわりと真面目な作品を出品し続けております。
今回は「ことでん111周年+ことちゃん20周年記念 ことちゃん迷路ポスター」を制作しました。迷路にはかならず出口がある!?2022年のコロナ禍での迷走をことちゃん型の迷路で表現した作品です。



Frame Size : H760 × W610 mm Frame by ANTIPOEME


No 2 title

KOTODEN 111th anniversary + KOTO-CHAN 20th anniversary maze poster of KOTO-CHAN
"KOTODEN and dolphin, Need or not? (again)"

ことでん111周年+ことちゃん20周年記念 ことちゃん迷路ポスター
「ことでんはイルカ?いらないか(再)」

No 3 poster info

Color: 4c/0c
Size: A2 modified size w420×h565mm
Print Quality: Offset printing
Papar: Araveal White 130kg

No 4 ANNOTATION

ことちゃん型の迷路です。ことちゃんのお腹の白い部分が高松の陸地、青い部分が海、帽子が岡山の陸地に例えています。
海(青い部分):「瀬戸内国際芸術祭2022」の会場の12の島「伊吹島」「栗島」「高見島」「本島」「沙弥島」「直島」「女木島」「男木島」「豊島」「大島」「犬島」「小豆島」。帽子部分の岡山の陸地には「宇野港」と「宇野のチヌ」、ことちゃんのお腹の高松の陸地には「高松港(玉藻城、高松シンボルタワー)」が描かれています。また「瀬戸大橋(車)」も通しました。女木島には「高橋家」近くには「めおん号」。また、島の中には港がある場所から入れるようになっています。うどんらしさも随所に。
お尻:「KOTODEN」の隠し文字。尾ヒレ:「2022」の隠し文字。
ことちゃんのお腹(白い部分):「ことでん路線図」「おむすび山」「こんぴらさん(階段、天狗と鳥天狗)」「長尾寺」「志度寺(五重塔)」「屋島(UFO)」「栗林公園(偃月橋)」「仏生山(温泉)」「空港通りと飛行機」「イオンモール綾川」「TOYTOYTOY」の隠し文字。

No 5 A3 trial version

迷路にチャレンジせぇ!子供にやらせたまえ!10分で解けるか勝負だ!ミスディレクション3箇所ぐらい仕込んだ(つもり)!111スタート20ゴール。迷路で遊びたい方はこちらのデータをA3サイズの紙にプリントアウトして使用ください。

A3 trial version PDF data download

No 6 sales site

ポスターはTOYTOYTOYで販売中です。皆様のお買い求めをお待ちしております。

TOYTOYTOY 購入サイトへ

No 7 Credit

Planning & Sales: Atsushi Takayanagi (TOYTOYTOY)
Supervision & Cooperate: Takamatsu-Kotohira Electric Railroad Co.,Ltd.
Character design: RISAKO
Art: Nobumasa Takahashi
Illustrator craftsman: Asuka Ohkoshi
Frame: Ryohei Matsumura (ANTIPOEME)

No 8 Exhibition info

こと芸2022

会期:2022年8月6日〜8月28日
会場:TOYTOYTOY

協力:高松琴平電気鉄道株式会社

参加作家
海老原優(イラストレーター)
乙幡啓子(妄想工作家)
高橋信雅(アーティスト)
デハラユキノリ(フィギュアイラストレーター)
とんぼせんせい(イラストレーター・アーティスト)
フジサキタクマ(モールアーティスト)
フジモトヒデト(イラストレーター)
保井智貴(美術家・彫刻家)
山口一郎(画家)
りさこ(グラフィックデザイナー)